2016年12月07日

今日の出来事

今の老人介護施設で、働き始めて4年目になります。

そこで4年間ずっと関わらせていただいていたお婆さんが逝かれ、今、お別れをしました。

認知症の合間に正気に戻られることもあって、時々和歌をつくらされたのが懐かしいです。

よく歌ってくれたのが、こんなうたです。


一番はじめは一の宮
 
二は日光東照宮  
 
三は佐倉の惣五郎 

四は信濃の善光寺

五つ出雲の大社(おおやしろ)

六つ村々鎮守様

七つ成田の不動様

八つ八幡の八幡宮

九つ高野の弘法さん

十でとうとう日がくれた


十は時々で歌詞が変わりましたけど、とても好きな歌だったそうで、

発熱で入院されてから亡くなる少し前まで、苦しさをまぎらわす為に歌っていたそうです。



今年のいつ頃からか

「孝の司(日本酒)の酒粕が食べたい」

と、何度も言われていたのですが、なかなか約束を果たせず。

愛飲の三河の柴田酒造の「孝の司」でないけど、

同じ三河の関屋酒造の上級酒「空」の酒粕を持参して行きました。

ご家族の方にいきさつをお話しすると、

「面会時には一度もそんなことは聞いたことない」

と驚かれていました。

でも、

「元気な頃はよく酒粕で甘酒を作ってくれた」

「酒粕をつまみにお酒を飲むのが好きだった」

などなど、思い出話が次々に出てきて、とても和やかなひと時をご一緒できました。

「母ちゃん、先生が、母ちゃんが欲しがっていた酒粕をもってきてくれたぞん」

「孝の司より高級の空やで、まあ勘弁してやっておくれん」

息子さんがそう言って話しかけてたお婆さんは、とても安らかなお顔で、まるで笑っているようでした。

「空」の酒粕、気に入ってくれたからご機嫌だったのかな?




「孝の司」の柴田酒造
http://www.kounotsukasa.co.jp/
ここの新しい銘柄「gin」がいい感じです。
(ginの解説)http://cuscus.doorblog.jp/archives/47542465.html

「空」の関谷醸造
https://www.houraisen.co.jp/ja/
僕はここの一念不動シリーズが好きです。


posted by のぶさん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445557759
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック